金貨売買とは

金は限りのある貴重な資源であり、これまで6千年の間に15万トン産出されています。金は、他の金属と違って錆びることはなく光り続ける美しさから、古代より富や権力の象徴として人々に愛されており、宝飾品を始めとして財産としても価値があります。地金や金貨以外にもビデオやコンピューター、宇宙衛星などのハイテク産業などの資源としても使われています。

しかし、現在地球に埋蔵されている金はおよそ7万6千トンで、そのほとんどが採掘の難しい場所にあります。近年は、携帯電話や家電製品、電子機器類などから回収される都市鉱山といわれる産業廃棄物のリサイクルに期待を寄せています。金の価値を際立たせているのがこのような希少性です。金は、毎日価格が変動する商品で、世界で共通の価値をもつ国際的な商品として取引されています。ロンドンやニューヨーク、チューリッヒ、香港の市場が世界4大市場と呼ばれています。

世界経済や政治、社会情勢の影響を受けて需要の変化に伴って価格が変化します。価格は変化しますが、金は普遍的な価値を持ち続けます。金は商品でありながら、世界に通用するお金として変わらない価値を持っており、主要国の政府の中央銀行は支払い準備金として多くの金を保有しています。以前、金本位制度の下で金の保有量に合わせて通貨を発行していた歴史もあり、その制度がなくなった今でも、その国の通貨制度を安定させる要因として、金が重要な価値を担っています。

 

〜金貨関連サイト〜
色々な種類の金貨が購入出来る専門の通販サイトです → 金貨通販サイト